勃起不全(ED)とはどのような症状なのか?


勃起不全(ED)とはどのような症状なのか?

ペニスの勃起機能が低下して性行為ができなくなることです。
まったく勃起しないイメージがあるでしょうが、そうではありません。
勃起するために時間がかかることも勃起不全です。
勃起しても持続しない場合も勃起不全になります。

勃起不全になって困るのは、満足できるセックスができなくなることです。
これは男性ひとりの問題ではありません。
配偶者やパートナーや恋人にも関係してくる問題なのです。

勃起不全になるには勃起のメカニズムが上手くいっていないことです。

勃起のメカニズムをまずは理解しよう!
セックスをしようとすると、性的な興奮が脳に伝わります。
脳は信号を送って神経を通じてペニスに伝えます。

海綿体の毛細血管に血液が流れます。
それによってペニスが大きくなるわけです。

勃起不全になると、この正常な流れが上手くいかなくなります。
動脈の広がりが十分でない場合もあります。
そもそも、動脈に血液が流れてこなければ、勃起しません。
勃起に必要な神経系が損傷を受けていることもあります。

一般的には加齢が原因です。
それ以外に、ストレス・食生活の乱れ・タバコなどもあります。

加齢が原因になるのは動脈硬化などで血流の流れが悪くなることです。
まずは食生活の改善です。
動物性脂肪が多い食事を控えましょう。
喫煙やアルコール摂取も押さえてください。

心因性の勃起不全もあいrます。
仕事が上手くいってないことが理由になることもあります。
ストレスを感じて、不眠症になり、さらに症状が悪化するとうつ病になります。

性欲がなくなり、性的な興奮がなくなり、勃起不全になるわけです。
これまでの性的なトラウマもあります。
女性に性行為のことでバカにされた経験があったり、失敗した経験があると勃起不全になります。
子ども時代に性的な虐待を受けた経験があれば、性行為に嫌悪感を持っていて勃起しないこともあるようです。

勃起不全(ED)でお悩みならこちらの治療やクリニックに関してまとめてあるサイトで解決