勃起薬のあれこれ


勃起薬のあれこれ

バイアグラ・レビトラ・シアリスの違いは有効成分の違い。
勃起薬の代表的なのは、この3種類です。
勃起不全に悩んでいる男性ならば、必ずと言っていいほど耳にしている医薬品です。
では、これらはどこが違うのでしょうか?

まずは有効成分が違います。
■バイアグラ50ミリグラム
シルデナフィルクエン酸塩が有効成分です。
70.23ミリグラムのうち、シルデナフィルが50ミリグラム含まれます。

■レビトラ20ミリグラム
バルデナフィル塩酸塩水和物が有効成分です。
23.705ミリグラムの中にバルデナフィルが20ミリグラム含まれます。

■シアリス20ミリグラム
タダラフィルが有効成分です。
20ミリグラム配合されています。

レビトラのバルデナフィルや、バイアグラのシルデナフィルは似た形をしています。
シアリスのタダラフィルはブロック状の構造をしています。
だから分解されにくいので長時間の効果があります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスに共通していること

性的刺激によって勃起をサポートする効果があります。
つまり、服用すれば勃起するような医薬品ではありません。
いずれも血管拡張作用があります。

副作用で個人差はありますが「顔のほてり」は共通しています。
お酒を飲むと動悸がしたり頭が痛くなる人は、それと同じような症状がでてきます。
頭痛薬と一緒に服用するといいでしょう。

バイアグラ・レビトラは作用時間が5時間程度ですが、シアリスは36時間ほどの持続性があります。
副作用や効果の具合がそれぞれ違います。
それぞれ少ない錠剤を入手して、比較してみるといいでしょう。

バイアグラやシアリスよりも錠剤の大きさが一番小さいのがレビトラです。
飲みやすいという理由から利用される人もいます。
いずれにしても、医師の診断を受けて処方してもらうタイプの処方薬になります。
医師と相談しながら服用してください。

勃起薬の口コミ・評判がしりたいならこちらのランキングサイトへ