バイアグラとはどんな薬なの?


バイアグラとはどんな薬なの?

現在、販売されている勃起治療薬でもっとも歴史が古いものです。
バイアグラはもともと、勃起治療薬として開発されたのではなくて、狭心症の薬として研究が進んでいました。
臨床試験を繰り返しているプロセスで偶然、ペニスの勃起をサポートさせる効果が発見されました。
その後、男性の勃起不全に効果があることで販売が開始されてのです。

最初に発売されたのは1998年(平成10年)でアメリカでした。
爆発的に売れたので、日本でも個人輸入代行業者が輸入をスタートしました。
正しい服用方法がしっかりと広まっていなかったので、死亡する事例もおこりました。
硝酸塩の薬を服用している男性が亡くなってしまい社会問題にもなりました。
1999年に処方箋医薬品として認可されて、国内でも正規品が入るようになりました。

勃起不全を治療するメカニズム

海綿体の毛細血管に血液を集めやすくすることです。
勃起するには海綿体に大量の血液を集めなければなりません。
その機能を果たすのが環状グアノシン一リン酸です。

男性器を刺激することで作り出されて、海綿体の筋肉を緩めてくれます。
それによって大量の血液が海綿体の毛細血管に流れ込みます。
この環状グアノシン一リン酸を阻害する酵素が5-ホスホジエステラーゼです。

5-ホスホジエステラーゼによって環状グアノシン一リン酸は分解されて勃起不全を巻き起こします。
バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルは、この5-ホスホジエステラーゼの機能を妨害するので勃起が正常になるわけです

持続時間や効果がでてくる時間は個人差があります。
実際には30分程度で効果がでてきます。
1時間で効果が最大になります。
その後、次第に衰えてゆきます。
セックスの1時間前の空腹時に服用することが一番効果があるとされています。」

服用するには注意事項も多いです。
専門医指示に従って処方してもらうといいです。

バイアグラ 精力剤 おすすめランキングはこちら